男性目線の「ぽっちゃり」とは

婚活している男性だけではなく、一般的に男の言うルックスは、顔だけじゃなく体型も含めて全体を指しています。

婚活中の男性に好みの体型を聞くと、「ガリガリはなしですね~。少しぽっちゃりしているくらいが、いいですね」なんて言葉をよく耳にします。

「ぽっちゃり」という言葉は、実は、男性が使う場合と女性が使う場合とではギャップがあることを、私は結婚関係の仕事を始めてから知りました。

それは、あるお見合いパーティーの終わった後でした。

男性が数人残って、反省会&作戦会議のようなものを行っていました。その時の、男性と私の会話です。

「何番だったか覚えてないんだけど、あの、ほら、右側の後ろの方のテーブルにいた子が自分はタイプなんだけど、なんとかとりもってもらえないかな?」

「あの子?、ショートヘアの?」

「違う違う、ほら、髪はロングでぽっちゃりした子」

「ぽっちゃり? うそ~、髪長い子でぽっちゃりした子、いた?」

「うん、髪長くてストレートだったよ」

「え~っ、もしかして、スカートに白いジャケット着てた子かな? でも、ぽっちゃりじゃないよね?」

「そうそう、その白いジャケットの子! 丸顔でぽっちゃりしてたでしょ?」

「確かに顔は丸顔だったけど、あれをぽっちゃりとは言わないでしょ?」

驚いて言った私のこの言葉に、そこにいた数人の男性は、全員口をそろえて、

「痩せてはいないし、ぽっちゃりでしよ」と返したのでした。

明らかに、私から見て、ぽっちゃりじゃなく普通の体型、いえ、むしろ細めの女性に対して「ぽっちゃり」という言葉を使っているこの男性たち。

そこでやめておけば良かったものを、

「ぽっちゃりって、私くらいの体型を言うんじゃないの?」と私。

すると、

「俺に聞かないで」と言わんばかりに、全員がそっぽを向いたんですよね(ガ~ン‥)

私は明らかに、ぽっちゃりではなく、彼ら(男性)にとっては、肥満であることを悟った瞬間でした。

それから、男性会員の方に好みの体型を聞く場合、さりげなく注意深く確認しているのですが、やはり、男性の使う「ぽっちゃり」は、女性が思っているより、若干、細いんですよね。