女性の婚活に大切なのはルックス磨き

どんな場合でも例外は付きものですが、ほとんどの男性は、女性が自分の好みのルックスかどうか会った瞬間判断します。どんなに内面が良くても、このルックスのボーダーラインに満たない女性の場合は、進展がありません。

女性は、最初はあまり好きな顔じゃないな…と思っても、付き合っていく内にだんだん好きになることってよくあるんですけどね。

ただ、「それじゃ~、美人じゃなきやダメってこと?」と、よく質問されますが、美人じゃなくてもいいんです。あくまでも自分の好みのボーダ上ワインなので、仮に女性がA子さんとB子さんと二人いて、客観的に女性から見て美人はA子さんだったとしても、その男性の好みのルックスがA子さんとは限りません。

そして、仮にB子さんを選んだとして、男性はB子さんをすごく美人とは思っていなくても、性格から好きになったわけではなく、やはり、まず、ルックスを良しとして受け入れています。彼にとっては好みのルックスなんです。

もちろんB子さんが努力して、どんどん綺麗になったら喜びますが、逆に、油断してぶくぶく太ったり、醜くなり、彼のボーダーラインを満たさなくなると、間違いなく冷めてしまうのが男性の本能です。

「男って、要するにルックスだけってこと?」という声が聞こえてきそうですが、そうではなくて、入り口がルックスからだということです。「可愛いな~タイプだな~」と思って付き合い始めても、性格が悪いとか、どうも波長が合わないとかいうことになると結婚まではいきません。最終的には、男性も内面を見ます。

付き合っていく内にお互いにかけがえのない存在になっていくのは、決して外見だけの魅力ではないのは男女とも同じです。

ただ、男性の場合、ルックスがクリアできないと、次のステップにはいかないということです。視覚から入るということを忘れないで下さいね。

キスする時も、女性は目を閉じますが、男性は閉じませんよね。視覚で燃える生き物だということです。

仕事場などで出会った場合は、毎日顔を見て見慣れてくる中で、ふと、「よく見たら意外と可愛いな~、タイプかも」なんてこともなきにしもあらずですが、お見合いの場合は、確実に一回目で判断されてしまうわけですから、婚活において一番頑張って欲しいのは、ルックス磨きです。

このことは、面談にいらっしやった女性には必ずお伝えします。皆さん、「そこまではっきり言われる相談所は初めてです」とびっくりされながらも、身を乗り出して聞いていらっしやいます。

女性は男性に、見た目にはたくましさを求め、内面には力強さを無意識に求めます。

一方、男性は女性に、見た目には美しさを求め、内面には優しさを求めます。お互いに、これはどうしようもできない本能なんですよね。このことをしっかり認識しておけば、婚活はもちろんのこと、結婚後も円満でいける確率は高いと思います。